まず、亡くなった方の第一順位の相続人は、
亡くなった方の子供達となります。

なお、亡くなった方の配偶者は、
子供がいてもいなくても、相続人となります。

そして、亡くなった方の配偶者と子供の法定相続分は、
それぞれ、2分の1ずつです。

亡くなった方の子供が何人いたとしても、
子供全員で2分の1という法定相続分に変わりはありません。

たとえば、亡くなった方に子供が2人いれば、
子供1人1人の法定相続分は、4分の1ずつとなり、
残りの4分の2は、配偶者の相続分となります。

同じように、亡くなった方に子供が3人いれば、
子供1人1人の法定相続分は、6分の1ずつとなり、
残りの6分の3は、配偶者の相続分となります。

そして、亡くなった方がすでに離婚をしていて、
配偶者がいない状態でしたら、
子供のみが法定相続人となります。

その場合、亡くなった方に子供が2人いれば、
それぞれの法定相続分は、2分の1ずつとなり、
もし、子供が3人いれば、
それぞれの法定相続分は、3分の1ずつということになるのです。

スポンサーリンク


では、亡くなった方に子供がいた場合でも、
その子供がすでに亡くなっていれば、相続はどうなるでしょうか?

その場合には、すでに亡くなっている子供に、
子供(被相続人から見て孫)がいるのかどうかが、
重要となります。

もし、被相続人から見て孫がいれば、
孫が代わりに相続人となるからです。
相続用語では、代襲相続と呼ばれているものです。

なお、被相続人の子供の代わりに、
孫が相続人になるため、
孫の相続分は、被相続人の子供の本来の法定相続分と同じになります。

たとえば、被相続人に配偶者と子供が2人いた場合で、
子供2人の内、1人がすでに亡くなっていて、
その子供(被相続人から見て孫)が2人いるケースがあったとします。

そうすると、まず、配偶者の法定相続分が2分の1で、
子供2人の法定相続分が2分の1です。
そして、子供1人1人の法定相続分は、4分の1ずつとなります。

しかし、子供2人の内、1人は亡くなっているので、
その相続分4分の1を、その子供の子供(被相続人から見て孫)が、
そのまま受け継ぐことになるのです。

つまり、配偶者の法定相続分が8分の4で、
被相続人の生存している子供の法定相続分が8分の2で、
被相続人の孫2人の法定相続分が、それぞれ8分の1ずつとなります。

スポンサーリンク


法定相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
法定相続人についてお困りの方は今すぐこちらへ⇒ 相続人
スポンサーリンク