相続人の1人が、どこにいるのかわからず、
生死すら不明ということもあります。

そういった状態の時でも、
行方不明だからと言って、
相続人でなくなるわけではありません。

また、行方不明の相続人を、相続人から外して、
他の相続人だけの話し合いで相続を進めても、
相続の手続きの段階でストップすることになります。

そのため、相続人の1人が行方不明の場合や、
相続人がどこにいるのかわからないといった場合には、
最初にそれを解決しておくことが必要ということです。

そして、その解決の方法としては、
1つ1つ下記の手順を踏んで進めていくことです。

まず最初に、行方不明の相続人の戸籍の附票を、
戸籍の本籍地の役所から、取得することから始めます。

なぜなら、行方不明と言っても、
その人との連絡先を自分が知らないだけであれば、
住所を調べることから始める必要があるからです。

戸籍の附票というのは、戸籍と一緒に作成されるもので、
その戸籍にいる人の住所が、
一覧形式で載っている書面のことです。

ただ、行方不明者の親族なら、
居場所を知っているということもありますので、
行方不明者の居場所を、まず親族に聞くという方法も考えられます。

親族が数人いれば、その内の1人が、
行方不明者の居場所を知っていることもあるでしょう。

しかし、亡くなった方の相続手続きでは、
相続人全員の住所のわかる資料も必要なことがほとんどですので、
相続人の戸籍の附票を取得する方法の方が効率的ということです。

戸籍の附票は、戸籍謄本と同じく、
戸籍の本籍地の役所(市役所や区役所、町村役場)でのみ、
取得できる書面です。

そのため、行方不明者の戸籍の本籍地を知っておく必要があるのですが、
行方不明の相続人の住所も知らないのに、
戸籍の本籍地を知っているはずもないと思うかもしれません。

しかし、行方不明の相続人の戸籍の本籍地については、
亡くなった方や相続関係者の戸籍から、調べることが可能です。

具体的な調べ方については、
少し専門的になってしまいますので、ここでは省略します。

ただ、亡くなった方などの戸籍から、行方不明者の戸籍の本籍地を調べて、
その戸籍の本籍地の役所から、戸籍謄本と戸籍の附票を調べることで、
行方不明者の生死や住所が判明することになります。

その上で、行方不明者と連絡を取り、
相続の手続きを進めていく、というのが、
相続人の中に行方不明者(または、音信不通者)がいる場合の最初の流れです。

スポンサーリンク

では、戸籍の附票を調べてみても、
住所の欄が空白であったり、すでにその住所にはいなかったりと、
やはり行方不明ということもあります。

その場合には、その行方不明の相続人の失踪宣告をする方法か、
または、不在者財産管理人の選任をして、
亡くなった方の相続手続きを進めていくことになるのです。

もし、行方不明の相続人が、7年以上の間、
行方が不明であったり、生死が不明の場合には、
行方不明者の配偶者や相続人などの利害関係人が、
手続き書類を添えて、家庭裁判所に失踪宣告を申し立てることができます。

そして、失踪宣告が適用されれば、
行方不明者は、亡くなったものとみなされるため、
行方不明者が未婚なら、相続には関係なくなるわけです。

ただ、行方不明者に子供がいる場合には、
代襲相続によって、その子供が代わりに相続人になります。

また、行方不明の期間が7年未満の場合や、
失踪宣告が適用されない場合には、
行方不明者の代わりに、不在者財産管理人を選任する必要があります。

不在者財産管理人とは、
家庭裁判所で手続きを行なうことで、
選任される人のことです。

そして、選任された不在者財産管理人が、
家庭裁判所の許可を取った上で、
行方不明者(不在者)の代わりに、
相続の話し合いに参加する流れになります。

ただし、失踪宣告や不在者財産管理人の選任については、
亡くなった方の戸籍や、行方不明(または、音信不通)の相続人の戸籍の附票を取得して、
法定相続人を調査してから考えるのが手順となります。

なぜなら、行方不明の相続人の戸籍の附票を取得して、
戸籍の附票に記載されている住所地に行方不明者がいれば、
失踪宣告や不在者財産管理人は関係無い話しになるからです。

スポンサーリンク

このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

法定相続人の調査の仕方

不在者財産管理人とは

遺産分割の協議と期限

法定相続人がいない場合

法定相続人の順位