亡くなった方の息子の嫁は、
亡くなった方の法定相続人にはなれません。

法定相続人になれないということは、
相続権も無いということになります。

よく聞く話しで、息子の嫁が、
息子の亡き父の老後の面倒を見たので、
相続権があるのではないかという話しです。

たしかに、血のつながりの無い義父の老後の面倒を見るのは、
いろんな意味で大変なことです。

しかし、大変な苦労があったということと、
法定相続人になれるかどうかや、
相続権の有無は、別問題となります。

また、法定相続人にはなれなくても、老後の面倒を見てるから、
寄与分があるのではないか、という話しもでるかもしれませんが、
寄与分については、法定相続人だけの問題となります。

つまり、亡くなった方の息子の嫁は、
法定相続人にはなれませんし、
相続権や、寄与分も無いということになります。

スポンサーリンク


では、どうやっても息子の嫁は、
息子の亡き父の老後の面倒を見たことで、
報われることは無いかのかと言えば、そうでもありません。

たしかに、どうやっても息子の嫁は、
法定相続人には決してなれませんし、
相続権も無いままです。

しかし、法定相続人にはなれませんが、
その苦労分を、息子の相続分に上乗せするという方法で、
法定相続人同士の話し合いで調整する方法があります。

具体的には、法定相続人同士の遺産分割協議のなかで、
老後の面倒を見た息子の嫁に対する気持ち分を、
法定相続人の1人の息子に上乗せする方法です。

遺産分割の方法については、遺言書が無い限り、
基本的に、法定相続人同士で自由に決めることができますので、
全員が納得できれば、そういった方法でも良いということになります。

つまり、息子の嫁には相続分は無いのですが、
老後の面倒を見た寄与分について、
息子の相続分を増やすことで、
お互い納得のいく成果が出せるかもしれません。

本来は、亡くなった方の息子が、
直接、老後の面倒を見れれば良かった話なのですが、
仕事や、いろんな事情で理想どうりにはいかないものです。

ただ、亡くなった方の息子の嫁(妻)は、
亡くなった方の息子の代わりに、
老後の面倒を見てくれたという考え方もあるわけです。

つまり、亡くなった方の息子の家庭にも、
いろいろと事情があるにもかかわらず、
息子の嫁が、義父の老後の面倒を見ることができたのは、
亡くなった方の息子の成果でもあるという考え方です。

ただ、法定相続人の内で、
誰か一人でもその考え方に納得できない人がいると、
その方法も難しいということになります。

スポンサーリンク