相続の遺留分とは、亡くなった人の遺言などによって、
法定相続人の権利が侵害された場合に、
最低限保証される相続分のことです。

ただ、遺留分については、法定相続人の内でも、
亡くなった人の配偶者と、第1順位の法定相続人(子や孫)と、
第2順位の法定相続人(両親や祖父母)のみに権利があります。

そのため、第3順位の法定相続人(兄弟姉妹や甥姪)には、
遺留分の権利は無い、ということに注意が必要です。

また、遺留分がどのくらいなのかを知るためには、
まず、相続人の法定相続分を正確に知る必要があります。

なぜなら、遺留分というのは、
それぞれの相続人の立場によって、
法定相続分の○分の1といった割合になるからです。

そのため、それぞれの相続人の法定相続分を知っていないと、
遺留分の計算もできないことになります。

スポンサーリンク


それでは、遺留分の計算の基になる法定相続分について、
簡単におさらいします。

まず、亡くなった人の配偶者(夫や妻)と、
第1順位の子や孫が相続人になる場合には、
法定相続分は、それぞれ遺産全体の2分の1ずつです。

そして、その場合の遺留分としては、
それぞれの法定相続分の2分の1になります。

それでは、わかりやすくするために、
具体例によって、遺留分の計算していきます。

たとえば、亡くなった人の配偶者と、
子供1人が法定相続人の場合、
それぞれの法定相続分は、それぞれ遺産全体の2分の1ずつです。

そして、遺留分は法定相続分の2分の1になりますので、
上記の例の場合、配偶者の遺留分は、遺産全体の4分の1、
子供の遺留分も、遺産全体の4分の1になります。

なお、注意点としては、
亡くなった人に子供が2人以上いた場合です。

たとえば、亡くなった人の配偶者と、子供3人が法定相続人の場合、
それぞれの法定相続分は、配偶者が遺産全体の2分の1で、
子供1人あたり遺産全体の6分の1です。

そして、遺留分は法定相続分の2分の1になりますので、
配偶者の遺留分は、遺産全体の4分の1で、
子供一人あたりの遺留分は、遺産全体の12分の1になります。

スポンサーリンク


次に、亡くなった人の配偶者と、
第2順位(両親や祖父母)の人が法定相続人になる場合
法定相続分は、配偶者が遺産全体の3分の2で、
第2順位(両親や祖父母)の人は、遺産全体の3分の1です。

そして、この場合の遺留分も、
それぞれの法定相続分の2分の1になります。

具体例で見ていきますと、
たとえば、亡くなった人の配偶者と、亡くなった人の母親が相続人の場合、
法定相続分は、配偶者が遺産全体の3分の2で、母親は3分の1です。

そして、それぞれの遺留分を計算する場合、
法定相続分の2分の1が基本ですので、
配偶者の遺留分は、遺産全体の3分の1で、
母親の遺留分は、遺産全体の6分の1となります。

最後に、亡くなった人の兄弟や姉妹、
甥や姪については、第3順位の法定相続人で、
法定相続分もあるのですが、遺留分についてはありません。

つまり、遺言などによって、
兄弟や姉妹の法定相続分が侵害されたとしても、
兄弟や姉妹は、遺留分減殺請求をすることができないということです。

スポンサーリンク


法定相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
法定相続人についてお困りの方は今すぐこちらへ⇒ 相続人