被相続人(亡くなった人)に子供や孫がいなくて、
両親や祖父母、曾祖父母も全員亡くなっていれば、
兄弟(姉妹を含む)に相続の権利が移ってきます。

なぜなら、亡くなった人の子供や孫は、第1順位の法定相続人で、
両親や祖父母、曾祖父母は第2順位の法定相続人で、
兄弟が第3順位の法定相続人と、法律上決まっているからです。

そして、相続の権利は、まず第1順位の相続人にあり、
第1順位の相続人がいない場合に限り、第2順位の相続人に移り、
第2順位の相続人がいない場合に限り、第3順位の相続人に移ります。

逆に言えば、亡くなった人に子供や孫がいたり、
両親や祖父母、曾祖父母の内で、生存している人が1人でもいれば、
亡くなった人の兄弟が相続人になることは無いと言えるのです。

また、兄弟が相続人になる相続では、
亡くなった人に、配偶者(夫または妻)がいるのかどうかによって、
それぞれの法定相続分なども大きく違ってきます。

まず、亡くなった人に配偶者がいる場合には、
配偶者と兄弟(姉妹を含む)が、法定相続人になります。

そして、亡くなった人の配偶者の法定相続分は、
遺産全体の4分の3で、
兄弟の法定相続分は、兄弟全員で遺産全体の4分の1となっています。

つまり、亡くなった人が残した遺産に、銀行預金や不動産があれば、
銀行預金と不動産の評価額を足した総額を計算した上で、
配偶者が4分の3、兄弟全員で4分の1といった配分になるわけです。

ただし、法定相続分については、法律上定められた目安となっており、
かならず、この配分にしなければならないというものではありません。

そのため、法定相続人全員の合意さえあれば、
亡くなった人の配偶者が、遺産の全部を相続することや、
亡くなった人の兄弟が、遺産の全部を相続する、といったことも可能です。

なお、法定相続人が兄弟の場合、
通常、兄弟の配偶者については、相続の権利はありません。
兄弟の子(養子を含む)についても、相続の権利はありません。

しかし、すでに亡くなっている兄弟がいる場合には、
兄弟の配偶者や、兄弟の子(養子を含む)が、
法定相続人になることがあります。

まず、兄弟の配偶者が法定相続人になる場合とは、
被相続人(亡くなった人)の兄弟が、
被相続人が亡くなった後に、亡くなった場合です。

たとえば、兄が亡くなり、兄には子も孫もいなくて、
両親、祖父母も全員他界している場合、
兄弟は弟だけといったケースがあったとします。

その場合、弟が法定相続人になるのですが、
その相続の手続きなどを一切しないまま、または、一切できないまま、
弟が亡くなることもありえます。

もし、弟に配偶者と子がいれば、
弟の法定相続人は、弟の配偶者と子になるのですが、
兄の法定相続人にも、弟の配偶者と子がなるのです。

これを専門用語では、数次相続と呼んでいて、
1つの相続(兄の相続)を済ませる前に、
もう1つの相続(弟の相続)が発生してしまった相続のことを言います。

ただ逆に、兄が亡くなる前に、
弟がすでに亡くなっていた場合には、
弟の配偶者は、兄の法定相続人にはなりません。

しかし、弟の子(兄から見て甥や姪)は、
弟の代わりに、兄の法定相続人になります。

この相続のことを、数次相続とは区別して、
代襲相続と呼んでいます。

スポンサーリンク