代襲相続とは、亡くなった方よりも前に、
先に亡くなっている相続人がいる場合、
その人の代わりに、その子供達が相続することを言います。

そして、先に亡くなっている相続人の代わりに、
代襲相続するその子供達が、
法定相続人になるのです。

そのため、代襲相続するその子供達のことを、
代襲相続人と呼ぶこともあります。

ただ、法定相続分については、
先に亡くなっている相続人が、生きていれば本来受け取れる分を、
そのまま、その子供達が相続する形となります。

スポンサーリンク


たとえば、Aさんには、配偶者Bさんと、
子供Cさんと、子供Dさんがいたとします。

そして、子供Cさんは、すでに亡くなっていて、
Cさんには、EさんとFさんという子供が2人いたとします。
Aさんから見れば、EさんとFさんは孫にあたります。

ある時、Aさんが亡くなり、相続が発生した場合、
それぞれの法定相続分はどうなるでしょうか。

まず、配偶者のBさんは、2分の1の法定相続分があり、
子供Cさんと、子供Dさんが、それぞれ4分の1の法定相続分になるのですが、
子供Cさんは先に亡くなっているので、代襲相続が発生します。

そのため、孫Eさんと、孫Fさんが、
本来生きていれば、Cさんが受け取っている4分の1の法定相続分を、
均等に受け取りますので、孫Eさんと孫Fさんの法定相続分は、
それぞれ、8分の1ずつということになるのです。

わかりやすく分母をそろえてみますと、
配偶者Bさんの法定相続分は、8分の4で、
子供Dさんの法定相続分は、8分の2となり、
孫Eさんと、孫Fさんの法定相続分が、それぞれ8分の1ずつということになります。

スポンサーリンク


また、亡くなった方に子供がいなくて、
両親、祖父母、曾祖父母も全員亡くなっていて、
兄弟姉妹が法定相続人になる場合でも、代襲相続はよく起こります。

特に、亡くなった方が高齢で、
その兄弟姉妹も高齢の場合には、
先に亡くなっている兄弟姉妹がいるケースが多くなるからです。

そのようなケースでも、
先に亡くなっている兄弟姉妹に子供がいる時には、
代襲相続によって、その子供が代わりに法定相続人となり、
法定相続分を受け取ることになります。

たとえば、被相続人Aさんに配偶者も子供もいなくて、
両親、祖父母、曾祖父母も全員亡くなっていて、
兄Bさん、弟Cさん、姉Dさんの3人の兄弟姉妹のみがいたとします。

そして、兄Bさんは先に亡くなっていて、
兄Bさんには、2人の子供EさんとFさんがいたとします。

上記のようなケースの法定相続分としては、
まず、被相続人Aさんの兄弟姉妹3人が均等に分けて、
先に亡くなっている兄Bさんの法定相続分を、
その子供のEさんとFさんが、均等に代襲相続することになるのです。

つまり、弟Cさんが6分の2、姉Dさんが6分の2、
そして、代襲相続によって、兄Bさんの子供のEさんが6分の1、
同じく、兄Bさんの子供のFさんが6分の1の法定相続分となります。

スポンサーリンク


法定相続人は何人いて、誰々なのか?を簡単に調べる方法はこちら⇒ 相続人