被相続人(亡くなった人)の相続人が、
その相続の手続きを済ませる前に、
亡くなってしまうことも稀にあります。

たとえば、被相続人(亡くなった人)が祖父又は祖母で、
その相続人が父又は母だったけれど、祖父又は祖母の相続を済ませる前に、
相続人の父又は母が亡くなったような場合です。

他にも、被相続人(亡くなった人)が父親で、
その相続人が長男、長女、二男だったけれど、
父親の相続を済ませる前に、相続人の長男などが亡くなることもあります。

このように、相続人が、相続の手続きを済ませる前に亡くなってしまい、
新たな相続が発生することを、
専門用語では、数次相続と呼んでいます。

1つの相続が終わる前に、
新たな別の相続が数次的に発生するという意味で、
数次相続と呼ばれているのです。

スポンサーリンク


相続人が亡くなった場合には、
まず、相続人の相続人が誰々になるのかということを、
戸籍の謄本類を取得して確認しなければなりません。

なぜなら、被相続人(亡くなった人)の相続人の相続権は、
相続人が亡くなった時点で、
相続人の相続人に移るからです。

上記の、祖父の相続の例で、
相続人の父親が亡くなってしまった場合には、
父親の子供全員が、新たな相続人になります。

また、上記の父親の相続の例で、
相続人の長男が亡くなってしまった場合には、
長男の子供全員が、新たな相続人になるわけです。

ただ、相続人に子供や孫がいなければ、
相続の権利が、相続人の子供に移りようがないので、
相続人が亡くなった場合には、相続人の両親や祖父母に相続の権利が移ります。

そして、相続人の両親や祖父母も全員亡くなっていれば、
次に、相続人の兄弟姉妹へと相続の権利が移ります。

法律上、亡くなった人の子供や孫が第1順位の相続人で、
亡くなった人の両親や祖父母が第2順位の相続人となり、
亡くなった人の兄弟姉妹が第3順位の相続人と決まっているからです。

スポンサーリンク


これについては、被相続人(亡くなった人)が亡くなった場合も、
被相続人(亡くなった人)の相続人が亡くなった場合も、同じです。

ただ、相続人が亡くなった場合には、
2つの相続(被相続人の相続と、相続人の相続)を考える必要があるため、
相続の権利関係や、相続分が非常に複雑化してしまうことがほとんどです。

なぜなら、被相続人(亡くなった人)の相続人としての相続分と、
相続人の相続人としての相続分を、
合わせて判断しなければならなくなるからです。

そして、遺産分割協議書を作成する場合にも、
被相続人(亡くなった人)の相続についてと、
その相続人も亡くなってしまった相続の両方について記載する必要があります。

なお、被相続人(亡くなった人)の相続人が亡くなった場合で、
上記の数次相続と、非常によく似た代襲相続と呼ばれる相続があります。

この数次相続と、代襲相続の大きな違いは、
被相続人(亡くなった人)が亡くなった後で亡くなったのか、
それとも、亡くなる前に亡くなったのか、の違いです。

たとえば、被相続人(亡くなった人)が、父親で、
その子供が3人(長男、長女、二男)いたとします。

3人とも子供ですので、相続人になるのですが、
二男については、父親が亡くなる数年前にすでに亡くなっていれば、
二男は父親の相続人にはなれません。

しかし、二男に子供(父親から見て孫)がいれば、
二男の子供が、二男の代わりに相続人になります。
この相続の流れが、代襲相続と呼ばれているものです。

逆に、数次相続は、父親が亡くなった時点で、
二男は生きていたケースで、父親が亡くなった後で、
二男も亡くなってしまったケースのことなのです。

スポンサーリンク


法定相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
法定相続人についてお困りの方は今すぐこちらへ⇒ 相続人

このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

法定相続人の調査の仕方

法定相続人が甥や姪の時

法定相続分と代襲相続とは

法定相続による遺産分割

未成年の相続

孫の相続

法定相続人の順位