被相続人(亡くなった人)に子供、孫、ひ孫がいなくて、
両親、祖父母、曾祖父母も亡くなっていてはじめて、
兄弟姉妹が相続人になれます。

そして、兄弟姉妹の相続分としては、
兄や弟、姉や妹などの立場に関係なく、
同じ兄弟姉妹であれば、均等です。

兄だから相続分が多くなるとか、
妹だから相続分が少なくなるといったことは、
法律上はありません。

ただ、相続分というのは、基本的に、
相続人同士の間で自由に決定できる性質がありますので、
相続人全員が納得すれば、どんな相続分にするのも自由なのです。

また、被相続人(亡くなった人)に配偶者(夫や妻)が、
いるのかいないのかによって、相続人となる人が変わり、
それぞれの相続分も違ってきます。

スポンサーリンク


まず、被相続人(亡くなった人)に配偶者(夫や妻)がいて、
兄弟姉妹が相続人になる場合には、
配偶者と兄弟姉妹が相続人です。

そして、その時のそれぞれの相続分は、
配偶者が、遺産全体の4分の3の相続分で、
兄弟姉妹が、残りの4分の1の相続分となります。

もし、兄弟姉妹が数人いれば、
遺産全体の4分の1の相続分を、
数人で均等に配分することになるのです。

逆に、被相続人(亡くなった人)に配偶者(夫や妻)がいなくて、
兄弟姉妹が相続人になる場合には、
兄弟姉妹だけが相続人となります。

そして、兄弟姉妹の相続分は、遺産の全部で、
兄弟姉妹が数人いれば、
その人数で均等に分けるというのが一般的な相続分です。

たとえば、被相続人(亡くなった人)以外に、
兄弟姉妹が4人いれば、
4人それぞれの相続分は、遺産全体の4分の1ずつということになります。

ただ、兄弟姉妹の内で、すでに亡くなっている兄弟がいて、
その人に子供(亡くなった人から見て甥姪)がいる場合には、
相続分の計算が必要です。

スポンサーリンク


具体的には、まず、被相続人(亡くなった人)と配偶者(夫や妻)と、
兄弟姉妹、甥姪が相続人になるケースがあります。

それぞれの相続分としては、配偶者が遺産全体の4分の3、
兄弟姉妹が、残りの4分の1というのは変わりありません。

ただ、すでに亡くなっている兄弟姉妹については、
その相続分が、そのままその子供(亡くなった人から見て甥姪)に移り、
その子供の人数で均等に割ることになります。

たとえば、すでに亡くなっている兄弟姉妹を含めて、
兄弟姉妹が4人いて、その内の1人がすでに亡くなっていて、
その亡くなっている人に子供が2人いる場合で計算してみます。

まず、兄弟姉妹は4人いるわけですので、
4分の1を4人で分けると、
それぞれの相続分は16分の1です。

ただ、その内の1人がすでに亡くなってるわけですので、
その人の相続分16分の1が、
その子供(亡くなった人から見て甥姪)2人に移ります。

そのため、その子供2人の1人あたりの相続分は、
32分の1となります。

わかりやすく分母を全員そろえてみますと、
配偶者が遺産全体の32分の24、
生きている兄弟姉妹3人がそれぞれ、遺産全体の32分の2、
亡くなった人から見て甥姪2人が、
それぞれ遺産全体の32分の1となるわけです。

スポンサーリンク


法定相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
法定相続人についてお困りの方は今すぐこちらへ⇒ 相続人