法定相続人には、第一順位から第三順位まで、
順位があります。

第一順位の法定相続人がいる場合には、
第二、第三順位の人たちは、法定相続人にはなりません。

それでは、第一順位の法定相続人とは、
どんな人達なのかについてですが、

簡単に言えば、被相続人(亡くなった方)の子供全員のことです。

被相続人の子供とは、実子、養子も同じ子供ですし、
嫡出子(婚姻している夫婦の子供)であっても、
非嫡出子(婚姻していない男女の子供)であっても、
被相続人の子供でしたら、第一順位の法定相続人です。

たとえ、夫婦が離婚して、片親と一緒に生活している状況であっても、
被相続人の子供でしたら、
第一順位の法定相続人になります。

ただし、被相続人の孫やひ孫も、
第一順位の法定相続人になることがあります。

それは、被相続人の子供が先に亡くなっていて、
被相続人の子供にも子供(被相続人から見て孫)がいる時に、
孫が代わりに法定相続人になる場合です。

そして、ひ孫が法定相続人になる場合も同じで、
被相続人の子供も孫も亡くなっていて、
ひ孫がいれば、ひ孫が代わりに法定相続人になるわけです。

つまり、第一順位の法定相続人とは、
具体的に言うと、まず亡くなった方の子供全員、
場合によっては、孫やひ孫も法定相続人になりうるということになります。

スポンサーリンク


次に、被相続人(亡くなった方)に子供や孫、ひ孫も全員いない場合にのみ、
被相続人の両親、または、祖父母、曾祖父母が、
第二順位の法定相続人となります。

なぜ、被相続人の両親、または、祖父母、曾祖父母なのかと言うと、
まず、被相続人の両親の内、どちらかが生きていれば、
その方のみが、第二順位の法定相続人になるからです。

そして、被相続人の両親が両方亡くなっている場合に限り、
被相続人の祖父母が、
第二順位の法定相続人になれるわけです。

もし、被相続人の祖父が亡くなっていて、
祖母だけ生きている場合には、
祖母だけが第二順位の法定相続人となります。

いずれの場合であっても、
被相続人の第一順位の子供や孫、ひ孫がいないことが前提となります。

また、被相続人(亡くなった方)の年齢によっては、
被相続人の両親と祖父母は亡くなっているけど、
曾祖父母が生きていることもあるでしょう。

その場合には、曾祖父母だけが、
第二順位の法定相続人になるのです。

次に、被相続人に子供や孫、ひ孫も全員いなくて、
両親や祖父母、曾祖父母も亡くなっている場合に限り、
第三順位の人たちが、法定相続人になれます。

第三順位の法定相続人とは、
被相続人の兄弟姉妹、
場合によっては、被相続人の甥姪(おいめい)のことです。

ここで注意が必要なのが、第三順位の法定相続人の範囲は甥姪までで、
甥姪のさらに子供は、数次相続の場合を除いて、
法定相続人にはならない点です。

たとえば、被相続人が亡くなった後で、
第三順位の法定相続人の甥や姪が亡くなれば、
その時点から甥や姪の相続が追加発生しますので、
甥や姪の子供(大甥や大姪)が第三順位の法定相続人に加わります。

つまり、被相続人が亡くなった後、
その法定相続人の内で誰も亡くなっている人がいなければ、
法定相続人の順位としては、甥姪が最後ということになるのです。

なお、被相続人の配偶者(夫または妻)については、
順位づけがなく、必ず法定相続人になります。

ただし、被相続人が亡くなった時に、
戸籍上、婚姻していることが前提となりますので、
亡くなる1日前に離婚していれば、法定相続人にはなりません。

スポンサーリンク