法定相続分の計算の方法は、
法定相続人が、子供や孫のケースと、
両親や祖父母のケースと、兄弟姉妹のケースとで違ってきます。

ただ、いずれのケースであっても、
定められている法定相続分を、
その人数で均等に割る、という計算方法は同じです。

つまり、亡くなった方の子供でしたら、
実子であっても、養子であっても、
法定相続分は、子供1人1人はみんな同じ割合になるということです。

そして、兄弟姉妹の相続のケースでも、
亡くなった方の兄弟姉妹でしたら、
実子であっても、養子であっても、同じ法定相続分になります。

スポンサーリンク



しかし、兄弟姉妹の相続のケースでは、
片親が異なる兄弟姉妹がいる場合があり、
半血兄弟姉妹と呼ばれています。

その場合には、現在判断が分かれる所かもしれませんが、
両親が同じ兄弟姉妹(全血兄弟姉妹)の法定相続分の、
半分の法定相続分という考え方が一般的です。

ではまず、法定相続人が、
子供や孫のケースの、法定相続分の計算方法についてですが、
亡くなった方に配偶者がいれば、
法定相続分は、子供全員で2分の1となります。

子供が何人いても、
遺産全体の2分の1は、
子供全員の法定相続分になるのです。

もし、亡くなった方に配偶者がいなければ、
実子であっても、養子であっても、
子供全員で均等割りで計算します。

逆に、亡くなった方に子供が1人もいないケースでは、
両親や祖父母に相続権が移ります。

そのケースでは、亡くなった方に配偶者がいれば、
法定相続分は、両親や祖父母全員で3分の1です。

スポンサーリンク



ただ、亡くなった方の両親の内、
どちらかが生存していれば、
その方が、3分の1の法定相続分の全部という計算になります。

つまり、亡くなった方の父親と祖母が、
同じ法定相続人になるということはないということです。

次に、亡くなった方の両親や祖父母、
曾祖父母も亡くなっていると、
兄弟姉妹に相続権が移ります。

そのケースでは、亡くなった方に配偶者がいれば、
法定相続分は、兄弟姉妹全員で4分の1となり、
兄弟姉妹の人数で均等に割る計算になるのです。

ただ、もし、兄弟姉妹の内で、亡くなっている人がいると、
その人に子供(甥姪にあたる人)がいれば、
代襲相続によって、相続権がその子供(甥姪)に移ります。

その時にも、すでに亡くなっている兄弟姉妹の法定相続分は、
他の兄弟姉妹の法定相続分と同じで、
その相続分を、甥姪の人数で均等に割る計算になるのです。

スポンサーリンク


法定相続人は何人いて、誰々なのか?を簡単に調べる方法はこちら⇒ 相続人