法定相続とは、法律上定められた相続方法によって、
遺産分割を進めることを言います。

法定というのは、読んで字のごとく、
法律(民法)で定められたという意味ですので、
法定相続とは、民法で定められた相続、と言えるのです。

では、民法では、相続に関して、
一体どのようなことが書かれているかと言えば、
大きく分けて2つあります。

1つは、法定相続人についてです。
つまり、法で定められた相続人について、
民法上で、細かく書かれているわけです。

2つ目は、法定相続分についてです。
上記の法定相続人ごとに、法で定められた相続分について、
民法上で、細かく書かれています。

もちろん、法定相続人や法定相続分以外にも、
民法ではいろいろと細かく書かれていますが、
この2つについては、最も重要な事柄と言えます。

スポンサーリンク



では、民法で相続について記載されているので、
その法定相続通りに相続を進める必要があるかと言えば、
そうではありません。

もちろん、法定相続通りに進めれば、
相続人間での紛争につながりにくいのですが、
法定相続を無視して、相続を進めることも可能と言えば可能です。

ただし、法定相続人全員の合意が必要になり、
1人でも、法定相続以外の方法に賛成できていなければ、
難しい、ということになります。

ちなみに、もし、亡くなった方が遺言書を残していれば、
その遺言書の内容が優先されます。

つまり、法定相続よりも、
遺言書の内容の方が優先されるというわけです。

たとえば、遺言書で、長男に財産の全てを相続させると書かれていれば、
その内容通りに相続を進めることが基本となります。

亡くなった方に配偶者と子供がいる場合、法定相続では、
配偶者が2分の1、子供全員で2分の1、という法定相続分になるのですが、
遺言書で、長男に全部を相続させると書かれていれば、
その遺言書が優先されるのです。

スポンサーリンク



ただ、もし、亡くなった方が遺言書を残していない場合には、
法定相続人全員で、遺産分割協議を行うことになります。

その際、法定相続人全員の合意があれば、法定相続に関係なく、
自由に相続分を決めることも可能ですし、
相続人の1人が、全財産を相続する、ということも可能なのです。

以上のように、法定相続で重視しなければならないことは、
法定相続人が誰になるのかという点で、
法定相続分については、必ず守らなければならないわけではないということです。

ただ、亡くなった方の法定相続人というのは、
民法で定められているとおり、変えることのできない決まりですので、
もし、相続問題が起こっているのであれば、最初に法定相続人が誰なのか、
ということを調べる必要があります。

たとえ、法定相続人についてはわかっているつもりでも、
戸籍を確認してみて、法定相続人を判断してみたら、
思っていたのと違っていた、ということもありえるからです。

また、法定相続人の調査によって得られる戸籍類が無ければ、
肝心の亡くなった方の銀行の相続手続きや、不動産の相続手続きが、
何一つできない状態が続くだけとなります。

スポンサーリンク


法定相続人は何人いて、誰々なのか?を簡単に調べる方法はこちら⇒ 相続人