法定相続人に養子がいる時には、
実子と同じく、かならず、
戸籍の内容を確認しておく必要があります。

なぜなら、養子に入ったと思っていても、
戸籍上は、養子縁組をしていなかったり、
すでに養子縁組を解消していることもあるからです。

もし、戸籍上、養子縁組をしていれば、
実子と同じように、法定相続人の1人となります。

相続割合についても、養子だからと言って、
実子と異なることもありません。

たとえ、亡くなった方に実子と養子がいても、
養子は、実子と同じ扱いになります。

スポンサーリンク



また、養子は、養子縁組の日から縁組解消まで、
養子になりますので、
養子縁組の解消後は、養子ではありません。

たとえば、以前、亡くなった方と養子縁組をしていたけれども、
亡くなる直前に、養子縁組の解消をしていれば、
養子ではなくなりますので、亡くなった方の法定相続人にはなれません。

養子縁組の事実や、養子縁組の解消などの記載は、
戸籍を見てみないと正確なことがわかりませんので、
相続ではかならず戸籍の取得が必要なのです。

そして、養子は、実の両親と、
養親の両方の相続権があるのが特徴です。

養親と、養子縁組をしているからと言って、
普通の養子縁組をしている限り、
実の両親の相続権がなくなるということはありません。

つまり、養親が亡くなった時にも法定相続人となり、
実の両親が亡くなった時にも、
法定相続人となります。

普通の子供でしたら、実の両親2人の相続権を持っているだけですが、
養子については、実の両親2人と、養親2人、
合計4人の相続権を持っているということになるのです。

スポンサーリンク



また、最近よくある養子の例としては、
祖父母が、孫を養子にするケースがあります。

たとえ、祖父母に実子が何人かいたとしても、
税金対策などのために、
孫を養子にするわけです。

そのようなケースでは、祖父母が亡くなれば、
祖父母の実子も、養子になっている孫も、
同じ子供として、祖父母の法定相続人になります。

ただ、特別養子縁組をしていれば、
実の両親の相続権はなくなりますので、
戸籍の内容を注意して読み取る必要があるのです。

なお、兄弟姉妹の相続の場合で、
亡くなった方(被相続人)の兄弟姉妹に、
養子がいる場合でも、養子は実子と同じ取扱いとなります。

たとえば、亡くなった方(被相続人)の兄弟姉妹の内、
すでに亡くなっている兄Aさんがいて、
Aさんに実子と養子がいても、
実子も養子も同じように、Aさんの法定相続人になれるということです。

つまり、兄弟姉妹の相続であっても、
養子は、実子と同じように法定相続人になるということです。

スポンサーリンク


法定相続人は何人いて、誰々なのか?を簡単に調べる方法はこちら⇒ 相続人