亡くなった方の配偶者(夫または妻)の連れ子は、
基本的に法定相続人にはなれません。

たとえ最初の配偶者の連れ子であっても、
再婚した配偶者の連れ子であっても、
連れ子は法定相続人ではありません。

そして、亡くなった時の配偶者に連れ子がいたとしても、
やはり血縁関係の無い子供ですので、
法定相続人にはなれないということです。

たとえ、毎日亡くなった方と一緒に生活をしていて、
連れ子を育てていたとしても、
戸籍上、養子縁組をしていない限り、法定相続人ではありません。

逆に、戸籍上、連れ子と養子縁組をしていれば、
法定相続人になりますし、
もし、配偶者と離婚したとしても、連れ子が養子のままなら法定相続人となります。

スポンサーリンク



また、内縁の妻についても、血縁関係の無い人ですので、
法定相続人にはなれません。

たとえ、日々、一緒に生活をして苦楽を共にしていたとしても、
戸籍上の婚姻関係に無い限り、
法定相続人にはなりません。

もちろん、内縁の妻と正式に結婚をして、
役所に婚姻届を出して受理がされて、婚姻関係になれば、
配偶者になりますので、法定相続人にもなれることになります。

しかし、戸籍上、婚姻関係に無い内縁の妻は、
亡くなった人の法定相続人にはなれないのです。

では、内縁の妻との間にできた子供はどうなるでしょう。
答えは、亡くなった方の子供であれば、
内縁の妻との間にできた子供でも、法定相続人となります。

そして、内縁の妻との間の子供だけでなく、
亡くなった方と血縁関係にある子供は、
亡くなった方の法定相続人になるというわけです。

スポンサーリンク



では、亡くなった人の配偶者のおなかの中に、
子供がいた場合はどうなるでしょうか?
おなかの中の子供は、胎児と呼びます。

亡くなった時に、たまたまその配偶者が妊娠中といったこともあり、
その場合に、胎児が相続人になれるのかどうか疑問になることがあります。

答えは、胎児は生まれた者と見なされますので、
無事、生まれてくれば、亡くなった方の法定相続人となります。

逆に、胎児でも、亡くなって生まれてくれば、
法定相続人にはなれません。

そして、もし、内縁の妻との間に胎児がいれば、
そのままでは、法定相続人にはなれません。

内縁の妻との間の胎児については、
亡くなった方が認知をしているかどうかが問題で、
認知をしていれば、内縁の妻との間の胎児も法定相続人になります。

しかし、亡くなった方は、すでに亡くなっているので、
認知ができないと思うかもしれませんが、
遺言書によって認知するという方法もあります。

そして、もし、遺言書に、認知についての記載がなければ、
訴訟などによって認知を求めることになります。

以上、まとめますと、
連れ子 → 養子縁組をしていない限り法定相続人にはなれない。
内縁の妻 → 婚姻しない限り、法定相続人にはなれない。
胎児 → 生まれたものとみなされ、法定相続人になるということになります。

スポンサーリンク


法定相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
法定相続人についてお困りの方は今すぐこちらへ⇒ 相続人