亡くなった方に、子供がいれば、
子供はかならず法定相続人となります。

たとえ、子供が何人いたとしても、
子供全員が法定相続人となるのです。

また、亡くなった方に養子がいれば、
養子も、実子と同じ子供として判断されますので、
法定相続人となります。

ただ、亡くなった方に配偶者(夫又は妻)もいれば、
配偶者と子供全員が法定相続人になります。

しかし、亡くなった方が離婚していたり、
配偶者もすでに亡くなっていれば、
亡くなった方の子供全員のみが法定相続人となります。

スポンサーリンク



そして、亡くなった方の子供全員が生存していれば、
遺言書がある場合を除いて、
亡くなった方の孫が法定相続人になることは、
普通はありません。

しかし、亡くなった方の子供の内で、
すでに亡くなっている子供がいれば、
代襲相続により、孫が法定相続人となります。

つまり、被相続人よりも前に亡くなった子供の代わりに、
その子供(被相続人から見れば孫)が、
法定相続人になるということです。

また、配偶者と子供が法定相続人の場合では、
配偶者に、遺産全体の2分の1の法定相続持分があり、
残りの2分の1は、子供にあります。

被相続人の子供が1人であっても、
10人であっても、
子供全員で2分の1の法定相続持分があるということです。

スポンサーリンク



ここで、それぞれのケースの法定相続持分を挙げてみます。

被相続人に配偶者と子供が1名いる場合、
法定相続持分は、配偶者が2分の1、
子供1名が2分の1となります。

被相続人に配偶者と子供が2名いる場合、
法定相続持分は、配偶者が4分の2、
子供1名が4分の1となります。

被相続人に配偶者と子供が3名いる場合、
法定相続持分は、配偶者が6分の3、
子供1名が6分の1となります。

被相続人に配偶者と子供が4名いる場合、
法定相続持分は、配偶者が8分の4、
子供1名が8分の1となります。

被相続人に配偶者と子供が5名いる場合、
法定相続持分は、配偶者が10分の5、
子供1名が10分の1となります。

子供が6名以上いる場合も、
法定相続持分については、
上記の要領となります。

もし、子供の方が被相続人よりも前に亡くなっていれば、
子供の法定相続持分をそのまま、
その子供(被相続人から見て孫)が引き継ぐことになります。

たとえば、被相続人に配偶者と子供が2名いる場合、
子供1名の法定相続持分は、4分の1になり、
子供の内、1名がすでに亡くなっていれば、
その子供の子供(被相続人から見て孫)が4分の1をそのまま引き継ぐのです。

その場合、もし、孫が2名いれば、
孫1名が、8分の1の法定相続持分で、
孫2名合わせて4分の1の法定相続持分となります。

スポンサーリンク


法定相続人は何人いて、誰々なのか?を簡単に調べる方法はこちら⇒ 相続人